地域産業とのコラボレーション

 

淡路島の伝統工芸・芸術とのコラボレーション
奇跡の星の植物館では、美しい地域の再生と創造をテーマに、地元淡路島の伝統工芸/芸術とのコラボレーションを積極的に行っています。

淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦e

淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦 淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦e

淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦 淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦e

淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦 淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦e

淡路いぶし瓦

淡路いぶし瓦 淡路いぶし瓦

淡路の大地が生んだ淡路いぶし瓦。

約400年に渡り継承されてきた技術が、日本人独特の美意識に基づく、暮らしの中のランドスケープを創りあげてきました。

瓦は通気性が良く、断熱・調湿性もある、環境循環型の素材。多様な形を持つ美しいテクスチュアです。

グレーという色も、コーディネートし易く、21世紀型のガーデニングマテリアルとして期待できます。

奇跡の星の植物館では、ガーデニング素材として、瓦を使った庭や町並みの景観を館内に展示。同時に、自由な発想で瓦をガーデニングに取り込んでいくデザイン提案のカタログや瓦グッズを、淡路の瓦業界とのコラボレーションで制作しています。

 

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室 淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室 淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室 淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室

淡路カフェ/旬の教室 淡路カフェ/旬の教室

淡路島といえば、有名なのが淡路牛に玉ねぎ。玉ねぎを使ったオニオンチップスや、まるでパスタのように太くて腰のある淡路島素麺。他にもレタスやトマトなど、瀬戸内海の温暖な気候に恵まれた淡路島は食の宝庫です。 奇跡の星の植物館では、そんな淡路島の季節の食材を使った、美味しくてオシャレなお店が出店する「淡路カフェ」や、植物館内の専用キッチンで野菜についてやキッチンガーデンデザインを学びながらお食事を楽しむ料理教室「旬の教室」などを行っています。

淡路人形浄瑠璃

淡路人形浄瑠璃

約500年の歴史を持つ、淡路人形浄瑠璃。
一体の人形を、三人の人形遣いが黒子を着て遣い、情感溢れる浄瑠璃の語りと、重々しく響く三味線による伴奏でつくりだす喜怒哀楽ある舞台は、数少ない庶民の娯楽として、古くから親しまれてきました。
奇跡の星の植物館では、2010年に、「花見の庭」の夜桜の下で、人形浄瑠璃の代表的な演目である、『義経千本桜』を上演しました。

淡路島の名産品の販売
奇跡の星の植物館内にあるショップ、花遊山では、淡路島の名産・特産品を販売しています。

 

>> ショップ/カフェの詳細はコチラ

淡路島のお香

淡路島のお香

淡路島のお香には、約150年の歴史があります。
もともと、淡路島は、中国山地と四国山地の間を吹く、「西風」を受けやすい土地。この西風が、製造過程で乾燥を必要とするお線香作りには欠かせません。
また、季節風の吹く頃には漁に出ることができなくなるため、必然的に家内工業が発達し、多くの線香職人を生み出しました。

オニオンチップス

オニオンチップス

糖度が高く、甘みが強いことで有名な淡路島玉ねぎを使ったオニオンチップス。
良質な玉ねぎに、甘みをさらに引き出すため、沖縄宮古島産の塩を使用しています。
真空低温フライで素材の栄養をそのまま、低カロリーに仕上げました。

page top