TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)について

TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)について

TRIADプログラムは、アメリカ、フィデリティ財団の支援のもと、世界の造園・園芸界をリードする三つの庭園・公園エリア(アメリカ・ロングウッドガーデン、イギリス・ヒドコートガーデン、そして淡路)が、連携・交流してこれからの各国の造園・園芸界を担う人材を実践的に育成していこうとする挑戦的プログラムです。

本プログラムは、アメリカ合衆国のフィデリティ財団のスポンサーシップのもと、日米英各国が育んできた園芸技術を相互に交流させ、各国の園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与することを目的として、淡路(兵庫県立淡路景観園芸学校および兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」)、ロングウドガーデン(アメリカ、デュポン財団)、ヒドコートガーデン(イギリス、ナショナル・トラスト)の三者が相互に研修生を交換する研修プログラムです。

かねてよりさまざまなNPO活動に積極的支援を行ってきたフィデリティ財団が、各国の園芸文化の継承発展に関心を持ち、同じアメリカ合衆国のロングウッドガーデンと協議を進めていく中で三者の交換研修生プログラムとして立ち上がったものです。

研修期間を一年として、日米英各国の研修生が三カ国で4ヶ月(日本人研修生のみ日本での研修期間は5ヶ月となります)ずつ、各国を代表するような庭園・公園で園芸技術等の指導を受ける実践的な研修プログラムで、それにかかる費用についても本プログラムの提案者であるフィデリティ財団の全面的な財政支援が行われるため、教育効果的にも、研修生の経済面でも非常に優れた研修プログラムとなっています。

 

いよいよ、2014年9月より同プログラムが開始!日米の研修生の様子など、下記ページ内にて垣間見ることができます。

↓↓↓

日本<奇跡の星の植物館>で開始した研修の様子

アメリカ<ロングウッドガーデン>で開始した研修の様子

イギリス<ヒドコートマナーガーデン>で開始した研修の様子


page top