日米英景観園芸
交換研修プログラム
TRIAD 2018年度研修生
募集要項

TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)の概要

本プログラムは、かねてよりさまざまなNPO活動に積極的支援を行ってきたアメリカ合衆国のフィデリティ財団のスポンサーシップのもと、日米英各国が育んできた造園・園芸技術を相互に交流させ、各国の造園・園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与することを目的として、兵庫(淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」および兵庫県立淡路景観園芸学校)、ロングウッドガーデンズ(アメリカ、デュポン財団)、ヒドコート・マナーガーデン(イギリス、ナショナル・トラスト)の三者が相互に研修生を交換する研修プログラムです。

研修期間を基本一年として、日米英各国の研修生が三カ国で4ヶ月(日本人研修生のみ日本での研修期間は5ヶ月となります)ずつ、各国を代表するような庭園・公園等で造園・園芸技術等の指導を受ける実践的な研修プログラムで、それにかかる費用についてもフィデリティ財団の全面的な財政支援が行われるため、教育効果的にも、研修生の経済面でも非常に優れた研修プログラムとなっています。

プログラムの概要は以下のとおりです。

 

1.目 的

日米英各国が育んできた造園・園芸技術を相互に交流させ、各国の造園・園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与する。

 

2.プログラム運営主体

日本側の運営主体である「日米英景観園芸交換研修プログラム運営委員会」(事務局:兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」)が、アメリカ合衆国のロングウッドガーデンおよびイギリスのヒドコートガーデンと連携して共同で行う。

財政面では、フィデリティ財団が支援を行う。

 

3.研修生の定員

2名/各国・年

 

4.交換研修生の研修先

・日本:淡路夢舞台温室(日本での研修期間中の実務研修はここが中心となります)、兵庫県淡路景観園芸学校 など

・アメリカ合衆国:ロングウッドガーデンおよびその関係機関

・イギリス:ヒドコート・マナーガーデン、ボドナントガーデン他英国ナショナルトラストが所有する英国屈指の4つの伝統的な庭園

 

5.交換研修期間

全体の期間を一年間とし、4ヶ月ずつ上記の研修先での研修を行う。具体的なローテーションの計画は以下のとおり。

5月~8月 9月~12月 1月~4月
日本からの研修生 日本(4月開始) イギリス アメリカ
アメリカからの研修生 イギリス アメリカ 日本
イギリスからの研修生 アメリカ 日本 イギリス

 

◆アメリカ・・・ロングウッドガーデン  http://longwoodgardens.org/

◆イギリス・・・ヒドコートマナーガーデン  http://www.nationaltrust.org.uk/hidcote/

◆日本・・・淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」  http://www.kisekinohoshi.jp/

◆日本・・・兵庫県立淡路景観園芸学校 http://www.awaji.ac.jp/

 

6.研修内容

各国の庭園・公園が準備する植物ディスプレイ技術、植物栽培、病虫害防除技術、植物分類、公園・庭園マネジメント等に関する実践的な研修となる。一部、研修生の希望により分野を選択して学習するカリキュラムも含まれる。

研修生は各国で成績評価を受けるとともに、4月下旬、最終的に3か国の関係者が集う場で研究の成果発表(スライドプレゼンテーション、英語)を行い、それらの評価により研修プログラム修了を認定される。

 

7.研修生へ支援されるもの

・フィデリティ財団からの支援により研修生には、渡航費(日本→アメリカ→イギリス→日本)、研修に必要な被服、道具類、交通費、研修中の基礎的な生活費(約130,000円/月)等が支給される。

・海外での研修先の宿舎は各庭園・公園で用意される。(寮費は無料)

・日本での研修期間中は、兵庫県立淡路景観園芸学校(兵庫県立大学淡路キャンパス)の寮室が用意される。

 

8.研修生が負担するもの

・日本人研修生選抜面接試験に関する旅費・宿泊費等

・現住所から研修開始場所まで、研修終了地(国内)から自宅までの交通費

・日本での研修期間中の兵庫県立大学研修員としての研修料(18,100円/月、平成29年8月時点。研修料は、大学の規程改正等により改定されることがあります。)

・日常生活費、個人的な旅費等で、支給される生活費を上回る経費

 

以 上

<PDF版> TRIAD2018年度研修生募集要項

兵庫県立淡路景観園芸学校TRIAD告知ページ

page top