特別展 淡路夢舞台ラン展2019開催 1/26(土)~

暖かな温室で驚きの体験を!華麗で不思議なランの世界開幕!!

特別展 淡路夢舞台ラン展2019

2019年1月26日(土)~3月10日(日)


その多くが美しく独特の形の花を咲かせるランは世界で25000種も存在すると言われており、日本にも75種230種ほどが存在していて、鑑賞価値の硬いものが多く、栽培や品種改良が盛んに行われています。ランは地球上に最後に現れた植物の仲間で、地面に自生するランは少なく岩や木々に着生したり昆虫を媒介して生き残りを図るなど不思議な生態が多く見られます。今回は「オーキッドワンダーランド」と題し、ランの多様で不思議な世界を全館で展開します。

【入館料】

一般=大人1500円、70歳以上(要生年月日のわかるもの)750円、高校生以下無料

団体(有料人員20名以上)=大人1200円、70歳以上(要生年月日のわかるもの)600円

★前売券販売情報はこちら!★

※1/21(月)~1/25(金)および3/11(月)~3/12(火)は全館入替え作業のため休館日となります。

 

■びっくり!!「ランの生き残り戦略」inホワイエ

ランが生き残っていくために遂げた不思議な進化(戦略?!)をホワイエ全体で映像や照明を使って表現します。

「多種多彩」岸本千智:作

 

■「蘭華譜」バーティカルガーデンin展示室1

様々なランで彩ったベッドスプリングや苔の垂直壁が織り成す、バーティカルガーデンをお楽しみください。

 

■ラン/香りの回廊inキャットウォーク

展示室上部のキャットウォークにランを配した苔玉をつっており、展示室に向かいながらその高い香りを楽しんでください。

 

■ランは香りと形で勝負するin展示室2壁面・通路

繁殖の媒介となる昆虫を引き寄せるために進化した驚異的なランの香りや形を、グループに分けて壁と通路に展示します。

 

■ランのおもしろ玉手箱in展示室2

○極小ランのキューブ

豪華さがランの代名詞と思う人が多いでしょうが、2~5ミリの米粒のようなランも!

○人面ランのキューブ

ランの中にはおじさんやサルのように見えるものがあり、その興味深いユニークな印象を楽しめます。

○スマートオーキッドのキューブ

ランの中でも生き残っていくために不思議な進化を遂げたまるで戦略家とでも言うべきランをご紹介します。

 

■多種多様「これも同じランの仲間?!」in展示室4

ランは同じ属に分類されているランの種でもあまりにも見た目が違い、とても同じ仲間に見えないものがあります。中でも私達がよく知っているエピデンドラムやデンドロビウム、アングレカムの仲間の驚きに満ちた違いを紹介します。

○エピデンドラムの仲間たち ○デンドロビウムの仲間たち ○アングレカムの仲間たち

 

■ライフスタイルの提案「ランと暮らす」inバルコニー

“Living with Orchid”暮らしの中でランを楽しむ方法を提案します。ユニークなランのバーティカルガーデン、テラリウム、グリーンインテリアなどランのある暮らしをお楽しみください。

 

■江戸のラン-将軍、歌舞伎役者から町民までin展示室3

江戸時代、園芸は武士のたしなみの一つでした。武士道と園芸道のつながり、将軍から歌舞伎役者、町民まで夢中になった園芸オタクの江戸の町を紹介します。

 

■オーキッドワンダーガーデンin展示室5

植物館最大の展示室「フラワーショースペース」全体がランで埋め尽くされる、まさにランのワンダーガーデンを展開します。アーティスティックなオーキッドタワーやランのバーティカルガーデン、空中に浮かぶランなど華麗なランのワンダーランドをお楽しみください。


page top