【終了しました】淡路夢舞台桜祭 花見の庭2019 ―浮世絵で詠む江戸の花見―

【こちらの展示は終了しました】

淡路夢舞台桜祭 花見の庭2019
―浮世絵で詠む江戸の花見―

2019年3月16日(土)~4月14日(日)

○期 間 2019年3月16日(土)~4月14日(日)
○入館料 大人600円、70歳以上(生年月日の分かるものの提示)300円、高校生以下無料

今年は淡路夢舞台全体で「桜まつり」と題し、夢舞台入り口から百段苑・プロムナードガーデンおよび円形フォーラム・楕円フォーラムを桜でつなぐサクラ回廊を設け、皆様を奇跡の星の植物館「花見の庭」へお招きします!淡路夢舞台の入口から植物館までの道のりでサクラをめでながら散策できます。

メイン会場となる奇跡の星の植物館では、浮世絵に出てくるような「花見」のシーンを華やかに再現した「花見の庭」を開催!
早咲きから遅咲き、枝垂れ桜、八重桜等多種多様の桜を用いることで、一足先に桜を楽しめる和の庭園です。

江戸の庶民がいかに花見を楽しんだかを浮世絵から読み取る資料展示や、園芸三昧であった江戸の庶民の暮らしや町の様子を伝統園芸植物や町並みで再現した展示室もございます。

桜と香り豊かな春の花木に包まれた花見の庭でゆったりお過ごしください。

会期中は館内カフェにて「花見の庭」をイメージしたウエスティンホテル淡路とのコラボレーションスイーツも販売!五感で日本の伝統文化・花見を体感してください。

(1)「花見の庭」(展示室5フラワーショースペース)

花見に行くために娘たちが着飾った「花見小袖」は、花見の陣取りとしても活用されており、枝と枝にひもをかけ幕の代わり吊るし、その華やかさも競いました。今年は花見小袖の柄をイメージした左官壁と苔で創り上げた壁面緑化と、美しいサクラで江戸の花見を再現します。庭にはソメイヨシノ、オオシマザクラ、山桜、楊貴妃、一葉桜、イトザクラ、オカメザクラ、陽光桜と、豆桜などの枝垂れ桜、八重枝垂れ桜など10種以上の桜が登場。ユキヤナギ、コデマリといった春の花木、プリムラマラコイデス、オブコニカなど桜草の仲間達とクレマチス、ストック、サイネリア、デルフィニウムなど100種2万株の春の植物で彩る和の庭をお楽しみください。

(2)伝統園芸展「園芸三昧―江戸の庶民の暮らし」(展示室3花と緑のある暮らし)

伝統園芸は日本人独特の趣味で創り上げられた文化で、特定の植物が伝統園芸植物と定められ、また、植物だけでなく、器、飾り方も大切な要素となっています。

身分の高い人々の中で始まった伝統園芸は江戸時代豊には町民の間でも親しまれました。ある御家人の母が桜草を愛し、重箱に寒天を流して固め、そこに様々なサクラソウの品種を挿して鑑賞することを考案し、評判になったそうです。

今回は桜草の重箱飾りや棚飾りを展示します。

(3)和Vertical Garden2019春(展示室4)

日本の伝統的デザインパターンと瓦、土壁に盆栽やコケを使って創り上げる和風Vertical garden。

土、瓦、木材、竹等淡路の伝統産業や資源を生かして創る壁面緑化をお楽しみください。

(4)「浮世絵から詠む江戸の花見」(エスカレーターホール)<予定>

江戸時代、将軍から町民まで身分関係なく日本人が花を愛する姿を見た西洋の人々は、日本の花文化の豊かさに驚いたと伝えられています。「花見」は日本人独特の文化です。美しい着物を着て花を愛で、歌を詠み、美しい蒔絵が施された重箱に旬の素材を詰めたお弁当、酒を交わし、踊る。それらの行為は文化を生み、工芸を育んできました。

今回は、当時の花見の様子を描いた浮世絵から江戸の庶民の花見を考察します。また、身分の高い人やお金持ちが花見に持って行った美しい蒔絵の花見弁当箱や、庶民が花見を楽しみながら食べた「わりこ弁当」等、様々なお弁当箱の展示を行い、花文化が生み出した物のすばらしさを伝えます。

協力:一般財団法人雑花園文庫(浮世絵)、コヤノ美術館(花見弁当箱)

 

ギフトに最適!4月の体験教室のご案内はこちら

 

 

 

 

 

 


page top