New!特別展 あわじガーデンルネサンス2012―空宙百華園―

1、メイン展示―空宙百華園「豊饒の大地」  9月29日(土)~11月18日(日) 

★展示室5フラワーショースペース 

 秋の実りを生みだす大地からのエナジーが天空へ昇り、月の光となり、再び大地にエナジーが降り注ぐ。自然の循環を感じさせる庭です。1000㎡のダイナミック空間にエナジーの動きを竹で、豊饒を菊で表現し、竹、菊という和のテイストを持つ素材と日本の匠、向山潔のアートと辻本智子の花のコラボレーションで創るモダンジャパニズムガーデン。

2、クールジャパン-日本の伝統園芸

 オモト、盆栽、古典菊―伝統園芸植物3部作でおくる「クールジャパン伝統園芸」

(1)オモト新しき展開―展示室3、展示室4 9月22日(土)~10月14日(日)

   引越しの際、オモトを贈るというのは現在も行われています。これは徳川家康が江戸城に移る前に、三河の住民から謙譲されたことに由来しています。家康は縁起の良いオモトをまず江戸城にすえて徳川家の安泰をねがったとされています。日本おもと協会関西支部の皆様の協力で、花文化としての江戸時代のオモトのある暮らしの紹介と、現代のインテリアグリーンとしてのオモトの新たな魅力を探ります。

■江戸の花文化とオモト―展示室3花と緑のある暮らし
 
オモトの人気が高まる寛政(1789-1801)は諸大名から豪商まで富裕層を中心に愛好されました。そんな時代を再現して、豪商屋敷の床飾り、当時の長屋の下級武士が園芸に励む様子等江戸の町を再現します。

■インテリアグリーンとしてのオモトの新たな展開
 
オモトは林床の耐陰性の植物です。その葉形や斑入りの多様な点で、インテリアグリーンとしての魅力を十分持っています。オモトは大葉、中葉、小葉に分かれ、大葉は林床に生えている原種に近く、雄大な株立ちと豪快な風格が特色です。中葉は斑と葉形が多く、もっとも多芸な系統です。ここでは、オモトの大葉、中葉、小葉の特色を紹介するとともに、現代の暮らしの中でインテリアグリーンとしての万年青の新たな展開を提案します。

協力 公益財団法人日本おもと協会関西支部

 

(2)The Bosai―川﨑仁美、見立ての世界 1015日(月)~11月4日(日)展示室4 

 盆栽研究家の川﨑仁美氏が匠の器で見立てる盆栽の世界をお楽しみください。
 盆 栽 - 西川 智也

(3)古典菊の世界 115日(月)~1128日(水) 展示室4 

 菊は日本を代表する園芸植物の一つです。菊そのものは日本の在来植物ではありませんが、平安時代には宮廷で菊花の宴が流行していることから、律令文化とともに中国からもたらされたものと考えられています。平安・鎌倉時代には日本独自の美意識のなかから、花弁が筆先のようになる嵯峨菊や、花弁が垂れ下がる伊勢菊といわれる独特な菊をつくりだしました。また、菊は支配者層のなかで、宴に、美術工芸品に、不老不死のシンボルとして特権的地位を示すものになりました。近世以降は大衆化し、変化に富む園芸種の菊花壇や、菊細工の見せものが流行したと言われています。その隆盛に大きくかかわったのが、肥後菊と江戸菊です。

 兵庫県篠山市では古典菊江戸系「おなえ菊」が伝統的に継承して栽培されています。
 嵯峨菊、伊勢菊、江戸菊など日本独自の美意識で作られてきた古典菊。今回は篠山で継承されてきた「おなえ菊」をはじめ、江戸時代の人々の中で楽しまれた菊作りを再現して展示します。

3、オーガニックヴァーティカルガーデン  バルコニー

 2部構成で和と洋の世界を壁面緑化で創る。

A/これぞ、オーガニックヴァーティカルガーデン-コラボレートワーク
(1)兵庫五国物語 10月1日(月)~10月22日(月)
 兵庫五国の風景を古典模様でデザインし、多肉植物を植栽して仕上げます。これは6年前に辻本がデザイン考案したもので、取替えなどにおける工夫を行った改良作品と新たな家庭サイズの土壁緑化を提案します。

図柄・植栽デザイン:辻 本 智 子  土壁制作:久 住 有 生

(2)ワンダーグリーンウォール 10月23日(土)~11月18日(日)
 アート、ミラー、植物で創る不思議な壁面緑化。町にこんな空間が登場すれば、楽しくなってきます。どんな空間ができるかお楽しみください。期間中、壁面緑化教室も開催いたします。

 

 

B/空中庭園の植物たち
(1)日本の里山―土壁に生ける  展示室4

前半は秋の山野草で「秋草屏風」、後半はモミジで「モミジ絵巻」を2部構成でおくります。

■秋草屏風 9月29日(土)~10月14日(日) 展示室4
 コムラサキ、ススキ、キキョウ、リンドウ、フジバカマ、シュメイギク、ホトトギスなど秋の山野草でダイナミックな土壁に生けます。

 ■モミジ絵巻 10月15日(月)~11月18日(日) 展示室4
 
ハウチワ、切葉など様々な形と色のモミジが秋を演出します。いろんなモミジをお楽しみください。

 

(2)五感の壁 展示室2

 形、香り、ランは子孫を残すために様々な形に進化し、虫を誘っています。リサイクルベットで創ったランの壁面緑化をお楽しみください。

4、チャンピオン展示「絆」

 昨年、第1回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテストにおいてグランプリに輝いた、尾崎まことさんによる作品「絆」を展示します。 

 

5、   コンテスト

「第2回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト」
会期:10月13日(土)~11月4日(日)
 日本ハンギングバスケット協会マスター・公認講師の皆様によるハンギングバスケットとコンテナガーデンのコンテスト。

page top