淡路夢舞台薔薇祭2015-ジョセフィーヌの庭- 4/18(土)~

★こちらのイベントは終了しました!次回開催をお楽しみください★

淡路夢舞台薔薇祭2015
-ジョセフィーヌの庭-
2015年4月18日(土)~5月17日(日)


日本最大級の温室が薔薇でいっぱいになるローズガーデンショー。植物館内を中心に、200種類以上の薔薇が夢舞台を彩ります。

会期:2015年4月18日(土)~5月17日(日)
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
入館料:大人600円、65歳以上(要生年月日のわかるもの)300円、高校生300円 ※中学生以下は無料

 

○ジョセフィーヌの庭・・・展示室5フラワーショースペース

薔薇の歴史を変えたナポレオン皇妃ジョセフィーヌの庭-マルメゾンを再現。香り高いピンク色のオールドローズやピエール・ド・ロンサール等のモダンローズとラベンダーカラーのデルフィニウムで演出された水辺のローズガーデンをお楽しみください。

 

○絵画にでてくるバラたち・・・展示室4癒しの庭

バラはギリシャ神話では愛と美・春を象徴し、時には死や来世を示し、キリスト今日の祈りに使われるロザリオはバラの花輪を意味します。
マリーアントワネットの肖像画に出てくるロサ・ケンティフォーリアにはじまり、モダンローズの母・ナポレオン皇妃ジョセフィーヌのラ・フランス、画家ピカソ、モネ、ゴッホが描くバラなど、様々な絵画の中に描かれた薔薇を展示します。
※バラの開花時期によって見頃は異なります。あらかじめご了承くださいませ。

 

○バラの来た道-薔薇の歴史を語る・・・展示室4 癒しの庭

ヨーロッパの花と思われているバラのルーツは中国、日本にあります。ヨーロッパの花文化を生み出す起源となった原種バラ-ロサ・ムルチフローラ、ロサ・キネンシス、ロサ・ギガンティア等は日本と中国で生まれた原種バラです。中国の原種バラがどのようにしてヨーロッパへ運ばれ、オールドローズや最初のモダンローズであるラ・フランスが誕生したのか。
誕生までの育種の道を、原種バラ、オールドローズ、モダンローズで伝えます。

 

○屋外ローズガーデン<5月中旬が見ごろ予想です>

ローズシアター、ローズボーダーガーデンが新登場。休憩スペースも増え、ますます充実のローズガーデンをお楽しみください。


★ローズシアター=野外劇場壁面をつる薔薇が彩ります。
★ローズボーダー=芝生広場園路沿いのバラのボーダーガーデン。

★ローズウォーク=つる薔薇「アンジェラ」に囲まれた香りの小路。 
★ローズパティオ=薔薇の香りに包まれて休憩できるスポットです。(植物館内)
★ローズガーデン=原種薔薇、オールドローズ、モダンローズで構成され、薔薇の育種の歴史が読み取れる庭です。

 

○屋外夢舞台エリア-新花見どころ

★百段苑=おいしくて美しい野菜の花、ハーブガーデンが登場。
★プロムナードガーデン=里山茶苑、里山ガーデン、カラーボーダーガーデンが登場。
★グリーンアートミュージアム=里山Vertibcal Gardenはじめ、アルチザン、アーティスト、企業のコラボレーションで創り上げる都市緑化の提案。

page top