特別展あわじガーデンルネサンス2015
-伝統とモダンが織りなすグリーンアートー

※※こちらの展示は終了しました!来年をお楽しみに!!※※

特別展 あわじガーデンルネサンス2015

-伝統とモダンが織りなすグリーンアート-

会期:9/26(土)~11/8(日)

~今年は「伝統とモダンがおりなす庭」と題し、館内の展示室全体で「苔」を使用し作り上げる新たな苔空間~

伝統的な素材をモダンに、モダンな素材を伝統的に演出し作りあげる驚きの空間にご期待ください!!

今年は全体テーマを伝統とモダンがおりなす庭と題し、伝統的な素材をモダンに演出、モダンな素材で伝統的に演出を行い、様々な提案を重ねながら「伝統とは」「モダンとは」「庭とは」何かを問いかけます。

今回は展示全体で「苔」の新しい世界をおたのしみいただけます。植物館のショースペースでは菊や盆栽・苔でモダンガーデンを創りあげます。また「Japanese Vertical Garden」と題し、苔や山野草、盆栽を楽しめる和の空間、和の町に合う壁面緑化・インテリアグリーンを提案します。

グリーンアートミュージアムを開催する展望テラスでは、木村英輝氏の「Ki-yan Green Art Museum」を開催。躍動的壁画を描く平成の絵師・木村英輝氏が提案する緑の空間と壁画、植物のコラボレーションをお楽しみいただけます。

また、夢コレクションとして「第5回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト」を今年も開催します。

 

☆入館料
大人      1500円 前売り1200円
シルバー    750円  前売り  600円


☆メイン展示
第1弾 926日(土)~10月18日(日) ―なんとロックな盆栽展
※第2弾で展示予定の菊の開花が遅れているため期間が延長となりました!大島氏の盆栽も18日までお楽しみいただけます。

躍動感あふれる木村英輝氏の襖絵を背景に、まるで仁王が踊るように神と舎利がかっこいい大島健資氏(2013年日本盆栽作風展内閣総理大臣賞受賞)のダイナミックな真柏で贈る「なんとロックな盆栽展」。盆栽、モスボール、石で創り上げるモダンガーデンをお楽しみください。



第2弾 10月20日(火)~11月 8日(日)  ―菊と苔が織りなすモダンガーデン
※10/19は展示室5の植え替え作業を行います。ご了承ください。

菊とは思えないスパイラルスタイル、カスケードスタイルに仕立てたものから古典菊まで、古典とモダンをコケで融合させて創り上げるモダンガーデンです。苔で創り上げた造形物もお楽しみください。

*菊の開花状況により、日程が変更になる場合がございます。ご了承ください。

☆その他展示

Ki-yan Green Art Museum

壁画だけでなく、木村英輝氏にガーデンや緑空間を新たな発想で提案いただこうと言う企画です。
絵師、アートプロデューサー、音楽プロデューサーと様々な才能を持つ木村英輝氏。お寺から警察所まで、京都の町はもちろん海外でもダイナミックな壁画を描き続けています。昨年、安藤忠雄氏の建築である淡路夢舞台展望テラスに木村英輝氏の「Animals in Satoyama」が登場しました。久住有生氏の土壁に飾られた木々が壁画に写りこみ里山のイメージを高めてくれています。
今回は「Ki-yan Green Art Museum」と題し、展望テラスの「Animals in Satoyama」に茄子等野菜がとぶ「Livery Earth」が続き、躍動的壁画とコラボレーションするグリーンアートや木村氏の庭「Garden in my heart」が登場します。ユニークな発想が生み出す心震える緑空間をお楽しみください。


ⅱ Japanese Vertical Garden―瓦・土・竹―

土、瓦、木材、竹等淡路の伝統産業や資源を生かして創る壁面緑化。奇跡の星の植物館が開設時から左官・久住有生氏や瓦業界等とのコラボレーションで考案してきた、淡路島の自然や産業を生かしたVertical Garden(垂直緑化)。今年も新たな作品を含め15年に及ぶ作品の数々を一堂に集めて展示します。

*昨年のものです。今年は違うデザインとなりますので、ご注意くださいませ。

ⅲ 苔と器の新たな世界

新たな伝統園芸への提案ということで、矢野款一氏(徳島・大谷焼)、大西誠一氏(兵庫・立杭焼)等巨匠の作品と盆栽など伝統園芸植物を新しいアイディアを用いて、伝統園芸の新しい世界をお見せします。
後半の展示は江戸菊、嵯峨菊、伊勢菊、肥後菊と地域の個性を継承された古典菊を展示します。また、兵庫県篠山市において、江戸時代から現代も小学生から大人まで地域で大切に継承されている篠山藩の「お苗菊」も登場します。


第5回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト―

今年のテーマは「伝統とモダンが織り成すグリーンアート」。
素材またはデザインに伝統を継承するアイテムを入れるとともに、新しさやモダンを感じさせる自由な発想の作品で、明日のVertical Garden(垂直緑化)の方向性を示していただけることを期待します。

第4回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト
兵庫県知事賞「飛翔」戸田美紀代

page top