14年ぶりの開花!ー紅花山玉蘭2016年6月22日(水)に開花しました!!

14年ぶりの開花!「 紅花山玉蘭」

★動画はFacebookに少しUPしています!ぜひご覧下さい★

紅花山玉蘭(べにばなさんぎょくらん)は雲南特産の銘花木として知られ、淡路花博のために昆明植物研究所より贈られました。

淡路花博開催から2年後の平成14年8月13日、紅花山玉蘭(Magnolia delavayi forma)が日本で初めて開花しました。

その後、最初の開花株は終わってしまい、挿し木を6本とり開花にむけて育成してきました。

しかしながら、なかなか実を結ぶことがなく、14年目を向かえる本年、つぼみがつき開花を見ることができる予想です。

紅花山玉蘭はお椀ほどの大きさの花びらが平らになって並び、その中央にしべ類が柱状に集合している様が、お釈迦様が蓮座に座っているように見られることから「仏教の聖花」ともいわれている貴重な花木です。 花はわずか半日しかもたないため、まさに「幻の花」といえます。

2016年6月22日(水)、18:20頃からついに開花しました。

平成28年6月22日、日本初開花から14年ぶりの開花の動き

6/21夜、つぼみが大きく膨らむ少しガクの割れが確認できた⇒

6/22朝、ガクが3枚割れ、花びらが現れる⇒

12:31頃、花びらが数ミリ開いた⇒夕方ごろまで状態維持⇒

18:20頃から18:35くらまで目視できるほどの速度で開花。香りが広がる。⇒

18:35くらいから19:53くらいまでゆっくりと広がっていき、平らになる。⇒

20:40現在、まだ開花中⇒

22:54現在、雄しべがバラバラに崩れはじめる。花はまだ平らの状態。⇒

6/23 9:30頃、花はまだ平らの状態。色が少しくすんで、雄しべがさらに崩れている。⇒

6/24 9:00頃、花びらがちり始める。⇒

6/24 17:00頃、花びらが残り3枚になり、終了。

※6/26(日)facebookに動画をアップしました。見づらい部分がありますがごらんいただければ幸いです。

<2016年6月24日(金) 終了―9:00~17:00現在の様子(左上→右上→左下→右下の順)>



<2016年6月23日(木) 9:00~17:00現在の様子(左上→右上→左下→右下の順)>



<2016年6月22日(水) 20:00~22:00現在の様子(左上→右上→左下の順)>

<2016年6月22日(水) 19:06~19:53現在の様子(左上→右上→左下の順)>


 

<2016年6月22日(水) 18:24~18:56現在の様子(左上→右上→左下→右下の順)>


<2016年6月22日(水) 9:12現在の様子>


<2016年6月21日(火) 18:14現在の様子>


<2016年6月15日(水) 19:20現在の様子>

<平成14年8月13日、日本初開花した際の動き>

開花当日朝、つぼみが大きく膨らむ⇒ガクが割れ、花びらが現れる⇒夕方ごろまで状態維持

⇒午後6時ごろ目視できるほどの速度で開花。香りが広がる。

⇒午後7時ごろ、雄しべが離脱し始め、開花が終わる。



page top