第7回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト入賞作品発表!

第7回ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト入賞作品発表!

 

入賞者の皆様は表彰式を以下の日程で開催いたしますので、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

表彰式開催日時:平成29年11月4日(土) 午後13時~

場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4番地

兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」 展示室5フラワーショースペース

皆様の作品につきましては、淡路夢舞台山回廊に展示させていただいております!

また、明日以後、植物館FBやインスタグラムで順番に応募作品を紹介させていただきます。こちらも合わせてご覧下さいませ。

 

夢コレクション大賞/河合裕子さん(富山県)

タイトル/「吊」 吊りシノブを緑の空間に置いてみました。

夢コレクション準大賞/保母和子さん(岐阜県)

タイトル/「晩秋に想う!」 
晩秋の落ち着いた雰囲気どこか物寂しい感じを苔と瓦、竹かごを使って表現してみました。寄せ植え2基も色味を抑えて作成。又、余白についても考慮してみました。

デザイン賞/岡安順子さん(三重県)

タイトル/「秋深き日」
秋の季節の中でお客様を招き、おもてなしの心を箱庭を作り、和の庭を秋花で不等辺三角形を頭にゆったりとしたひとときを過ごし、背景は大昔の茶ダンスのトビラを使用し、空間、色秋を考えた。

デザイン賞/只井桂子さん(愛知県)

タイトル/「移りゆく秋の紅葉の景色」
植物を混植(混色)して立体的な絵画をイメージして表現。玄関先の壁面に力強い流木に様々なリーフカラー、テクスチャーと木の実、季節の花を各マザーポットに植え込み底面給水型のマザーポットを敷いた棚に並べ野山の秋の移りゆく景色の縮図を楽しむ。(リーフは常緑なので花は季節ごとに取り替えられる)

デザイン賞/山路元彦さん(三重県)

タイトル/「書院に吹く風」
伝統工芸「組子」。釘を使わずに木を組み付ける技術。まるでレースで編んだようなその繊細な模様に、心をひかれ、ぜひ花はなフレームに組み入れてみたいと思いました。出来上がったものは組子と呼ぶには少しおこがましいとは思いますが、室町時代、書院造の建築が盛んになり、建具職人達が活躍した時代のロマンが感じられればと思います。

審査委員長賞/野呂敏子さん(三重県)

タイトル/「晩秋の庭」
お茶の木の白花、サルスベリの紅葉、ハランのあざやかな緑、ケイトウの赤で秋の日本庭園を作りました。

審査委員長賞/関戸多美子さん(三重県)

タイトル/「浅き夢(あさきゆめ)」
山燃ゆる秋。心焦がれる秋

審査委員長賞/小林久美子さん(岐阜県)

タイトル/「日本の艶」
日本の生活文化、畳、格子の板から見え隠れする植物(葉ラン)、那智石や軽石の黒と白のモノトーンでシンプルな日本の庭を感じ、豊かなシェード植物のあしらいで四季を楽しむ日本文化、陶器の色彩、織物(ちりめん)にも日本古来の伝統文化を感じながら小さなディスプレーのエリアの中に表現してみたいと思い作成しました。








page top